東京で独り暮らしの方が実家への贈り物として通販を利用することも多いと思いますが、そのご紹介です。

実家の家族へ通販で贈り物

実家の家族へ通販で贈り物
このエントリーをはてなブックマークに追加

実家の家族へ通販で贈り物

故郷を離れ、東京で独り住まいをされている方も多くいらっしゃると思いますが、私もそういう独りでした。
離れていても何かにつけ実家の様子は気にかかるものですよね。給料日になると、自分のことにひととおり、そして実家にも何か贈ってみようか、という気持ちにもなったりしたのです。
参考になるかどうかは判りませんが、自分の場合に使った品を上げてみます。
家電製品〜我が家の場合、これがけっこうありました。
実家はかなり旧式をよしとしていたので、節約ということもあり、使えるまで使う、使えなくなってもがんばって使うという感じでした。
洗濯機はまだ二そう式。二そうというのは、洗いとすすぎの入れ物が別になっているのです。
友人宅でも同様と聞いたことがあり、どうやらある世代にはこの型にとても親しみがあり、全自動を受け付けないのです。
それがずっと気になっており、思い切って贈りつけることにしました。
そこで通販です。
住んでいた近くに家電店がありませんでした。
それでで大手通販サイトで注文したのです。
注文してから実家に電話しました。
贈ったから。というと、驚いていましたがいらないとは言われませんでした。
後で聞いたのですが、取り付けにとても難儀だったようでそれは悪かったと思いましたが、喜んでもらえました。
それに並んで、掃除機、炊飯器と贈っていきました。
全て通販で探しました。
反応はいつもこのようで、一緒に住んでいるとトラブルになることでも、離れているところからの贈り物であると受け入れてもらいやすいですね。

グルメもの〜やはり期待されている分野ではないでしょうか。東京にいるからには何かそっちのおいしいもの。デパートに行ったりしてもよかったのですが、PCを開ければ使いやすいセットがあるのでつい利用します。
というより、サイトを眺めていてよさそうな品が出ている。これ実家に贈るのにちょうどいい、と思ってしまうのです。
例えば柴又の草団子セット。真空パックになっていて、濃い草色の写真もそそるに充分。そしてたいてい送料込みの絶妙な価格になっています。
また、名産でなくても遠くから荷物が届く、ということ自体が嬉しいということもあると思います。
ある中華屋の焼き飯セットも贈って喜ばれたひとつです。